読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
2016年にテクノストラクチャー工法で二世帯のお家を建てました。
マイホームのインテリアなどのこと・娘と息子を中心とする家族のこと・家事のことなど、
「かぞく」に関することを残していくブログです。



すまい給付金の申請に必要な課税証明書をとりに行ってきました!

・・・前の住んでいた市の

市役所までヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3笑

気を取り直して笑

こんにちは(*^_^*)

昨日書いたように

すまい給付金の申請を

今年中に終わらせたく

タイトル通りですが、

課税証明書をとりに行ってきたのです。

なんで課税証明書が必要なのかって

この書類に載ってる

都道府県民税(我が家は県なので県民税)の所得割額で

給付額が決まるそうです。

で、

必要な証明書の年度は

住宅の引き渡し年月で変わるみたいです。

お金

我が家は

平成28年の9月に

引き渡されたので

必要な証明書は

平成28年度(27年分所得)のもの。

ふむ、なるほど。

そして気づいたことが・・・

これはもしかして

前の市役所に

取りに行かないといけないということに・・・

アパート時代の市は

隣の市なので

我が家は取りに行くのは

なんてこと無かったのですが、

これって

ちょっと遠い所だったり

さらに県をまたいで引っ越したりした人は

大変だなーって思いました。

(今は郵送でできたりするのかな?よくわかんないけど)

市役所では

主人の分の課税証明だけでいいのか、

それともほかの人(私?)のも必要なのか

ということで

少し手間取りました・・・

でもこれは

好青年な職員の人が笑

すまい給付金の事務局に確認してくれて

主人だけのでOKとのこと。

(たぶん住宅ローンは主人だけで契約したからかと。)

てなぐあいで。

なんとか無事に

課税証明書の準備は終わりました(^O^)/

なんてことないことですが、

前に住んでいた市に行かなきゃいけない

ということが

ちょっと落とし穴かなーって思ったので

記事にしてみました(*ノω・*)笑

いつも温かい応援

ありがとうございます☆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

本日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました(*^_^*)